枠練り石鹸を最大限活用するためにも正しい洗顔方法で顔を洗おう!

洗顔している女性

美容成分などの有用成分を多く配合できる枠練り石鹸を使うと、肌にやさしい洗顔をすることができます。でも、洗顔方法が良くないと効果も発揮されませんし、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

 

私は温泉などに行ったときに、他の人がどのように洗顔しているのか観察することがあるんですが、間違った洗顔をしている人がかなり多いです。

 

1番多いのは力いっぱいゴシゴシこすって洗っている人。

 

洗顔って子供の頃に親が教えてくれたり、見よう見まねで覚えることが多いと思いますが、親もゴシゴシこするようにして洗っている人が多いので、そのままの流れで大人になってからもこすって洗っている人が多いようです。

 

確かにこすったほうが汚れが落ちる気がしますが、こすらなくても汚れは落ちます。それにこすってしまうと、角質が傷ついてしまって乾燥しやすくなったり、刺激によってメラニンが生成され、シミができやすくなることもあります。

 

洗顔方法というのもかなり大事なんですね。

【正しい洗顔方法】
1.ぬるま湯であらかじめ顔を濡らしておく
2.顔全体に広げるのに十分な量の泡を作る
3.Tゾーン→Uゾーン→目元→口元の順に泡をのせていく
(比較的皮膚の強い部分から弱い部分へ)
4.ぬるま湯ですすぐ
5.タオルでポンポンという感じで水気を取る

 

すすぐにしてもタオルで水気を取るにしても、絶対にやってはいけないのが、ゴシゴシこすること。

 

摩擦を与えてしまうのがよくないので、洗顔するときの泡は十分な量の泡が必要ですし、泡立て不要の洗顔を使う場合でも使用量をしっかり守って使うことが大切です。
場合によっては使用量よりも少し多めに取り出して使ったほうが安心です。

 

間違った使い方をしていると、せっかく枠練り石鹸を使っていても効果が発揮されないことになってしまうので注意して下さいね!