枠練り石鹸と機械練り石鹸の違いとメリット・デメリットについて!

一般的な洗顔石鹸

石鹸は作り方によって、大きく枠練り石鹸と機械練り石鹸に分かれます。2つの製法の違いと、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう!

石鹸には枠練りと機械練りがある!

顔を洗うときに洗顔石鹸を使っている人は多いと思います。でも石鹸の製法の違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

実は石鹸を固める方法として、「枠練り法」と「機械練り法」という2つの方法があります。そして、それらの石鹸は使用するにあたりメリットとデメリットがあります。

 

ただ、枠練り石鹸には美容成分などを多く配合することができ、洗い上がりにもしっとり感があることから乾燥肌の人に人気がありますし、こだわりのある人は好んで枠練り石鹸を使っています。

 

もしご存知でなければ、次に石鹸を選ぶときにはそれが枠練り石鹸かどうかチェックしてみて下さいね!

 

それでは、枠練りと機械練りの違いと、2つの製法のメリット・デメリットを見てみましょう!

枠練りと機械練りの違いとメリット・デメリット!

製法

特徴

枠練り

石けん素地に香料や色素などを加え、枠の中に流し込んで、じっくり時間をかけて冷やし固める。固まったものを製品の大きさに裁断して自然乾燥させて完成。美容成分などを多く配合できるうえ、水分が多いのでしっとり感がある。ただ、手間がかかるので大量生産できず、水分が多いので型くずれしやすい。

機械練り

石けん素地を機械で裁断。それを急速に乾燥させるので、水分をしっかり乾かすことができる。乾燥したものに香料や色素などを加え、よく練りまぜて再度機械で裁断し、型打ちして完成。機械作業なので大量生産でき、水分が少ないので形がくずれにくいメリットがある。ただ、洗う成分以外の成分はほとんど配合できないので、他の石けんとの差別化がしにくい。

ご覧のように、どちらの製法にも、メリットとデメリットがあります。でも、乾燥肌や敏感肌の人に枠練り石鹸が人気なのは、美容成分などの有用成分を多く配合できるので、肌にやさしいことと、水分が多いので、しっとり感があるからです。

 

ではどこを見ればその石鹸が枠練り石鹸であることが分かるかというと、たいてい公式サイトの商品販売ページ、もしくは商品に関するよくある質問に書かれています。

 

枠練り石鹸であるということはその石鹸の大きな特徴の一つなので、アピールしていることが多いです。

 

たまにメーカーのページの細部まで見ないと分からない場合もありますが、どちらか分からないときはメーカーに質問してみるのもいいと思います。

 

私も一度、この石鹸は枠練りですかと問い合わせてみたことがありますが、きちんと答えてくれましたよ!